銘柄分析:東急不動産HD(3289)-21年3月

東急不動産ホールディングス(3289)は東急グループの不動産会社です。東急の名前は鉄道と東急ハンズでお馴染みかと思います。マンションのブランド名は「ブランズ」です。東急ハンズやホテル、フィットネスなど多様な事業を展開していることから、新型コロナによる悪影響を比較的大きく受けている不動産会社です。株主還元では配当性向25%を目標としています。21年3月期は新型コロナの影響で利益が低下していますが配当は維持される予定であり、そのため予想配当性向は67.7%と高くなっています。2013年から持株会社に移行しています。

財務諸表分析

2021年3月期第3四半期の財務諸表が開示されていますので、昨年度と今期の貸借対照表と第3四半期までの損益計算書の数値を抜き出してグラフ化しました。キャッシュの増減が分かりやすいように流動資産のうち現金及び預金の色を変えています。

2020年3月期の貸借対照表と3Qまでの損益計算書
2021年3月期第3四半期の貸借対照表と損益計算書

他のビル賃貸が主力の不動産会社に比べると利益率が高くありません。

キャッシュフローの推移をグラフに示します。積極的に投資していますが営業CFはあまり増えていないのが気になります。

キャッシュフロー推移

キャッシュフローマトリクスを示すと分かりやすいように営業CFが増えていないため投資期に位置しています。

キャッシュフローマトリクス

資産額の推移をグラフに示します。だんだん増えています。

資産推移

株主還元では配当性向25%を目標としており、21年3月期は新型コロナの影響で利益が低下していますが、配当は維持される予定です。そのため、予想配当性向は67.7%と高くなっています。

配当推移

まとめ

2021年3月29日の株価は669円で、予想PERは23.6倍、予想配当利回りは2.39%となっています。ちょっとPERが高めですが新型コロナの影響で利益が低下しているためです。もう少し株主還元を強化して欲しいですね。

よろしければ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント